エンジニアブーツは、ゴッツイ感じが人気のワークブーツです。

バイカーの人気が高かったのですが、最近は、街履きとしても、人気になっていますね。

エンジニアブーツの履きこなし方から、格安サイトのご紹介まで、エンジニアブーツのサイトとして、お役に立ちたいと考えています。

どうぞ、エンジニアブーツのサイトをお楽しみ下さい。

エンジニアブーツのメーカー

■レッドウィング(Red Wing)社

チャールズ・ベックマンと14人のメンバーが始めた靴工場がレッドウィングのはじまり。今やレッドウィングのブーツは、アメリカでは約80%ものシェアを誇っています。

 >> レッドウィング(Red Wing)社のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■チペワ(CHIPPEWA)社

エンジニアブーツの本質を追究し続けるチペワは、米ウィスコンシン州創業100年のエンジニアブーツのメーカー。

 >> CHIPPEWA チペワ のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■ウェスコ(WESCO)社

1918年、西海岸オレゴンでウェスコのエンジニアブーツは誕生。ウェスコのタフなブーツは労働者やバイカーに愛され続けています

 >> WESCO ウエスコのエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)



■ダナー Danner ブーツ
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した、アウトドアブーツの定番ブランド。 1980年に発表した、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用するなど、あらゆる試みと画期的なアイテムで、 アウトドア、ワークシューズ界を牽引してきたパイオニア的ブランドです。

 >> ダナーブーツ、特集はこちら(楽天市場)

エンジニアブーツのリペアカテゴリの記事一覧

エンジニアブーツを履きこなす

エンジニアブーツは、もともと作業用に作られた物であり、もっと言うと安全靴ですね。

だから、柔軟性という観点からは厳しい評価を受けます。

安全靴だから、ある程度の固さが必要であり、全体的に重厚な作りになるのは仕方が無いことです。

でも、エンジニアブーツを身近に、街で履く物として利用したときに、その心地よい履き心地とのバランスをどうするかが問題ですね。

エンジニアブーツといえども、基本的には革靴ですから、履くうちに、ある程度は足になじんできます。でも普通の靴のようにはなじみません。

エンジニアブーツが足に合わないときは、インナーパットを使うことをオススメします。
エンジニアブーツのインナーパッドは、足のつま先に詰めるのは避けて、踵、くるぶし、甲で使うと良いでしょう。


エンジニアブーツのリペア

お気に入りのエンジニアブーツは、何度もリペアして履きこなしていきたいものです。

レッドウィングもエンジニアブーツのリペアをしてくれます。
エンジニアブーツの種類、ソールのタイプにより、リペアの方法、価格が違います。


■Traction Tred sole
 底全体の交換 13000円〜 

■Vibram rug sole
 底全体の交換 13000円〜 

■Vibram logger sole
 底全体の交換 13000円〜 
  
■Neoprene sole
 ヒールの交換 4500円〜
 ヒールとヒールベースの交換 6000円〜 
 ヒールからミッドソールまでの交換 13000円〜

■Nitrile cork sole
 ヒールの交換 4500円〜
 ヒールとヒールベースの交換 6000円〜 
 ヒールからミッドソールまでの交換 13000円〜


エンジニアブーツの痛み具合、ソールの状況等、修理する内容によっては、上記と異なる場合があります。

レッドウィングのエンジニアブーツのリペアは、各正規取扱店にて受け付けています。
正規小売店で購入された商品以外は修理できない場合があるそうです。

あなたの、レッドウィングのエンジニアブーツを大切に履きこなしてください。