エンジニアブーツは、ゴッツイ感じが人気のワークブーツです。

バイカーの人気が高かったのですが、最近は、街履きとしても、人気になっていますね。

エンジニアブーツの履きこなし方から、格安サイトのご紹介まで、エンジニアブーツのサイトとして、お役に立ちたいと考えています。

どうぞ、エンジニアブーツのサイトをお楽しみ下さい。

エンジニアブーツのメーカー

■レッドウィング(Red Wing)社

チャールズ・ベックマンと14人のメンバーが始めた靴工場がレッドウィングのはじまり。今やレッドウィングのブーツは、アメリカでは約80%ものシェアを誇っています。

 >> レッドウィング(Red Wing)社のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■チペワ(CHIPPEWA)社

エンジニアブーツの本質を追究し続けるチペワは、米ウィスコンシン州創業100年のエンジニアブーツのメーカー。

 >> CHIPPEWA チペワ のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■ウェスコ(WESCO)社

1918年、西海岸オレゴンでウェスコのエンジニアブーツは誕生。ウェスコのタフなブーツは労働者やバイカーに愛され続けています

 >> WESCO ウエスコのエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)



■ダナー Danner ブーツ
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した、アウトドアブーツの定番ブランド。 1980年に発表した、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用するなど、あらゆる試みと画期的なアイテムで、 アウトドア、ワークシューズ界を牽引してきたパイオニア的ブランドです。

 >> ダナーブーツ、特集はこちら(楽天市場)

FRYE フライのエンジニアブーツ

FRYE フライのエンジニアブーツ

最近メキメキと人気のエンジニアブーツですね。

女性用だけあって、重厚な中にもセンスが光ります。




これからの寒い冬、凍った路面でも滑らない女性用の防寒ブーツは、こちら

災害時にも強いのがエンジニアブーツ

エンジニアブーツは元が、ヘビーヂューティーな環境から生まれた靴ですから、上部なのがポイント。
その利点を活かして、災害時にも有効なブーツであることが見直されています。

長いブーツは必要ないし、また短めのブーツも、少し心もとないので、出来ればミドルカットのブーツが良いでしょう。

きちんとくるぶしが隠れる程度が良いかと思います。


redwingレッドウイング8175ビブラムソール アイリッシュセッター

レッドウィング エンジニアブーツのお手入れ

レッドウィング エンジニアブーツのメンテナンス

エンジニアブーツは、作業靴とはいえ、定期的なメンテナンス
が必要ですね。

■レッドウィング エンジニアブーツのメンテナンス

1.表面の汚れをブラシ等で落とす。

2.ミンクオイル、ブーツオイル、レザードレッシングなどを布に少量とって薄く塗りこむ。

3.しばらく放置し、よくオイルを染み込ませた後、表面に残っているオイルを軽く拭き取る。
しつこい汚れがついた場合は、オイルを多めにとって強く塗り込み拭き取るか、レザークリーナーを使用する


※雨などに濡れた場合は、表面についた水分をよく拭き取って、風通しがよく、日の当たらない場所で充分乾かした後、オイルを塗り込こんでください。

※オイルドレザーの靴は、染み込んでいるオイルが革の保護や防水の役割をしています。靴の表面のしっとり感がなくなったら、お手入れのタイミングです。


定期的なメンテナンスで、愛着のあるエンジアブーツを長く履きこなしてください。


空港検査では大変です

エンジニアブーツを履いたままで、空港の検査を無事に通ることはできません。

つま先のスチール板が、金属探知器に捕まります。

いまや、エンジニアブーツも、街で履くことも珍しくないため、いつものように履いたまま旅行にいこうものなら、結構たいへんな目に遭います。

たまには、エンジニアブーツを脱いで、旅にでも出てください。

エンジニアブーツの夏

エンジニアブーツにとって厳しい夏の季節が来ましたね。

エンジニアブーツって暑いよねってことです(笑)

まぁ、もともとエンジニアブーツは、ワークブーツですから、ベビーに出来ているわけで、やわじゃないのが売りだからね。

でも、暑い中、エンジニアブーツを履くには、ちと苦しいよね。
やっぱり夏は、草履だね。

バイクに乗るときも草履だね。
中長距離ならエンジニアブーツ履くと決まるけど、ちょっとそこまでッテ時には、草履がベスト。

普通のブーツのように、網ヒモを使っていないぶん、脱いだり履いたりが楽だけどね。それもエンジニアブーツのデザインにかかわることだから何ともいえないか。

でも、結局、エンジニアブーツ履くんだよね。

早く夏がおわらないかな。







エンジニアブーツの履きこなし

エンジニアブーツも、元はワークブーツ名なため、街で履くのにはちょっと無理な感じがするデザインもあります。

今は、エンジニアブーツの特徴を継承しながら、デザイン的にも街で履けるようなものになってきています。

エンジニアブーツの老舗メーカーであるチペワやレッドウィング、ウェスコなども、そういったデザインのエンジアブーツを出しています。

靴ひもやベルトでなく、ジッパーなどで締めるタイプも出ています。

基本的にはエンジニアブーツですから、ゴッツイ感じは避けられないのですがエンジニアブーツの特徴である、靴ひもや、靴底、つま先に注意しながらも、軽快なデザインに変えることで街履きとして使えるデザイナーエンジニアブーツも人気があります。



エンジニアブーツとは?

エンジニアブーツとは、主に労働者が着用する安全靴のことで、作業の安全のために様々な特徴があり、その機能重視のゴッツイところが、エンジニアブーツフリークの好みとなっています。

主なエンジニアブーツーメーカーは、WESCO(ウエスコ)、Red Wing(レッドウィング)、CHIPPEW(チペワ)が有名です。

エンジニアブーツの特徴として、靴紐は、作業者が足下のモノに紐を引っ掛ける恐れがあるため除外。替わりにベルトが甲からくるぶしあたりについており、バックルが足の外側に配置され、ベルト長を調整できるようにしているのが特徴。
ブーツのつま先には、鉄またはプラスチック製のカップが内蔵されていてとても丈夫なんです。


最近では、ワーク ブーツは、ファッションの一部として取り入れられていますね。

特に、バイクが好きな男性には、エンジニアブーツのへービーなところがバイク用のブーツとして人気となっています。

街履きとしては、ジーンズの裾をエンジニアブーツの中に入れて履くのが正当派といえるでしょう。

それも好みですので、エンジニアブーツを買って、あなたのスタイルで履きこなしてください。