エンジニアブーツは、ゴッツイ感じが人気のワークブーツです。

バイカーの人気が高かったのですが、最近は、街履きとしても、人気になっていますね。

エンジニアブーツの履きこなし方から、格安サイトのご紹介まで、エンジニアブーツのサイトとして、お役に立ちたいと考えています。

どうぞ、エンジニアブーツのサイトをお楽しみ下さい。

エンジニアブーツのメーカー

■レッドウィング(Red Wing)社

チャールズ・ベックマンと14人のメンバーが始めた靴工場がレッドウィングのはじまり。今やレッドウィングのブーツは、アメリカでは約80%ものシェアを誇っています。

 >> レッドウィング(Red Wing)社のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■チペワ(CHIPPEWA)社

エンジニアブーツの本質を追究し続けるチペワは、米ウィスコンシン州創業100年のエンジニアブーツのメーカー。

 >> CHIPPEWA チペワ のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■ウェスコ(WESCO)社

1918年、西海岸オレゴンでウェスコのエンジニアブーツは誕生。ウェスコのタフなブーツは労働者やバイカーに愛され続けています

 >> WESCO ウエスコのエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)



■ダナー Danner ブーツ
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した、アウトドアブーツの定番ブランド。 1980年に発表した、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用するなど、あらゆる試みと画期的なアイテムで、 アウトドア、ワークシューズ界を牽引してきたパイオニア的ブランドです。

 >> ダナーブーツ、特集はこちら(楽天市場)

エンジニアブーツとは?

エンジニアブーツとは、主に労働者が着用する安全靴のことで、作業の安全のために様々な特徴があり、その機能重視のゴッツイところが、エンジニアブーツフリークの好みとなっています。

主なエンジニアブーツーメーカーは、WESCO(ウエスコ)、Red Wing(レッドウィング)、CHIPPEW(チペワ)が有名です。

エンジニアブーツの特徴として、靴紐は、作業者が足下のモノに紐を引っ掛ける恐れがあるため除外。替わりにベルトが甲からくるぶしあたりについており、バックルが足の外側に配置され、ベルト長を調整できるようにしているのが特徴。
ブーツのつま先には、鉄またはプラスチック製のカップが内蔵されていてとても丈夫なんです。


最近では、ワーク ブーツは、ファッションの一部として取り入れられていますね。

特に、バイクが好きな男性には、エンジニアブーツのへービーなところがバイク用のブーツとして人気となっています。

街履きとしては、ジーンズの裾をエンジニアブーツの中に入れて履くのが正当派といえるでしょう。

それも好みですので、エンジニアブーツを買って、あなたのスタイルで履きこなしてください。