エンジニアブーツは、ゴッツイ感じが人気のワークブーツです。

バイカーの人気が高かったのですが、最近は、街履きとしても、人気になっていますね。

エンジニアブーツの履きこなし方から、格安サイトのご紹介まで、エンジニアブーツのサイトとして、お役に立ちたいと考えています。

どうぞ、エンジニアブーツのサイトをお楽しみ下さい。

エンジニアブーツのメーカー

■レッドウィング(Red Wing)社

チャールズ・ベックマンと14人のメンバーが始めた靴工場がレッドウィングのはじまり。今やレッドウィングのブーツは、アメリカでは約80%ものシェアを誇っています。

 >> レッドウィング(Red Wing)社のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■チペワ(CHIPPEWA)社

エンジニアブーツの本質を追究し続けるチペワは、米ウィスコンシン州創業100年のエンジニアブーツのメーカー。

 >> CHIPPEWA チペワ のエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)


■ウェスコ(WESCO)社

1918年、西海岸オレゴンでウェスコのエンジニアブーツは誕生。ウェスコのタフなブーツは労働者やバイカーに愛され続けています

 >> WESCO ウエスコのエンジニアブーツは、こちら(楽天市場)



■ダナー Danner ブーツ
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した、アウトドアブーツの定番ブランド。 1980年に発表した、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用するなど、あらゆる試みと画期的なアイテムで、 アウトドア、ワークシューズ界を牽引してきたパイオニア的ブランドです。

 >> ダナーブーツ、特集はこちら(楽天市場)

FRYE フライのエンジニアブーツ

FRYE フライのエンジニアブーツ

最近メキメキと人気のエンジニアブーツですね。

女性用だけあって、重厚な中にもセンスが光ります。




これからの寒い冬、凍った路面でも滑らない女性用の防寒ブーツは、こちら

災害時にも強いのがエンジニアブーツ

エンジニアブーツは元が、ヘビーヂューティーな環境から生まれた靴ですから、上部なのがポイント。
その利点を活かして、災害時にも有効なブーツであることが見直されています。

長いブーツは必要ないし、また短めのブーツも、少し心もとないので、出来ればミドルカットのブーツが良いでしょう。

きちんとくるぶしが隠れる程度が良いかと思います。


redwingレッドウイング8175ビブラムソール アイリッシュセッター

Chippewa 6inch Waterproof Work Boot SKU #7610731

Chippewa 6inch Waterproof Work Boot SKU #7610731

チペワ 6インチ 防水ワークブーツ



買ってね!

レッドウィングのエンジニアブーツ

レッドウィングのエンジニアブーツ

靴底も見てくださいね


ジーンズにすっぽり隠れるサイズも魅力的です。

チペワ エンジニアブーツ

チペワといえばエンジニアブーツの定番ですが、その歴史は古く、1901年、ウィスコンシン州チペアフォールズ生まれ。

チペワのエンジニアブーツは、もとは森林作業員のためのワークブーツとして生まれました。

アウトドアスタイルの普及とともに、その質の良さが全米へと広まり、今ではエンジニアブーツの代名詞にもなっています。

エンジニアブーツ チペワ

チペワ社は、1901年に創業したメーカーです。
創業100年を経た現在に至るまで、ワークブーツの本質を追求し続けるそのクラフトマンシップは決して変わることはありません。

チペワの名称とトレードマークは、創業地がウィスコンシン州チペワ・フォールズであったことと、その地がネイティブアメリカン チペワ族の居住区でもあったことに由来します。

当時、周辺地域では製紙業が盛んで、チペワは、木材を切り出して運ぶ伐採人たちの足を、完璧に保護する高品質のブーツを開発することからスタートしました。やがて、頑固なまでの品質主義を貫く“CHIPPEWA BOOTS”の名は、アメリカ全土に広まっていきました。

エンジニアブーツ カビ大丈夫ですか?

ようやく夏も終わり、オシャレがしたくなる季節ですね。

しまっておいたエンジニアブーツの出番ですね。
でも、ちゃんとメンテナンスしましたか?

出してみて、カビだらけになっていないでしょうか?

エンジニアブーツの様な革製品全般に言えることは、湿気は特に注意が必要です。

ほったらかして、一度カビを生やしてしまうと、革の奥までカビの菌が入り込んで革を傷めてしまいます。
表面上はブラシなどでカビを落とすことは出来ても、菌が奥まであるので再度生えてくることになり、完全に除去するのは難しくなってしまいます。

濡れたりした湿気を帯びてしまったエンジニアブーツは、完全に陰干しするなどしましょう。

は既婚でメンテナンスのいき届いたエンジニアブーツは、良く馴染み、長く履けます。

お気に入りのエンジニアブーツを長く履くためにも、日ごろからきちんとメンテナンスをしておきましょう。

エンジニアブーツのブランド

エンジニアブーツのブランドは、チペワ、レッドウィング
、ウェスコぐらいしか知らなかったんですが、実にいろいろある。


■WHITE'S ホワイツ
ブーツの王様の威名をもつ、南北戦争以前にバージニアで創業されたブーツメーカー。

■AVIREX アヴィレックス
フライトジャケットが超有名。
1937年、アヴィレックス社の前身であるエアロ・レザー社が発足。

■ダナー DANNER
1932年にアメリカ・ウィスコンシン州で創設されたワークシューズメーカー。 

■GORILLA ゴリラ
1883年に創設された、アメリカ・コネチカット州に本社を置くH.H.ブラウン社のオリジナル製品。

■DR.MARTENS ドクターマーチン
カジュアルな街着に合わせるなら、自由にコーディネイトできるこのエンジアブーツで決まり。


いろんなメーカーが、エンジニアブーツ、ワークブーツの市場に参入して来ているんですね。


レッドウィング エンジニアブーツのお手入れ

レッドウィング エンジニアブーツのメンテナンス

エンジニアブーツは、作業靴とはいえ、定期的なメンテナンス
が必要ですね。

■レッドウィング エンジニアブーツのメンテナンス

1.表面の汚れをブラシ等で落とす。

2.ミンクオイル、ブーツオイル、レザードレッシングなどを布に少量とって薄く塗りこむ。

3.しばらく放置し、よくオイルを染み込ませた後、表面に残っているオイルを軽く拭き取る。
しつこい汚れがついた場合は、オイルを多めにとって強く塗り込み拭き取るか、レザークリーナーを使用する


※雨などに濡れた場合は、表面についた水分をよく拭き取って、風通しがよく、日の当たらない場所で充分乾かした後、オイルを塗り込こんでください。

※オイルドレザーの靴は、染み込んでいるオイルが革の保護や防水の役割をしています。靴の表面のしっとり感がなくなったら、お手入れのタイミングです。


定期的なメンテナンスで、愛着のあるエンジアブーツを長く履きこなしてください。


エンジニアブーツを履きこなす

エンジニアブーツは、もともと作業用に作られた物であり、もっと言うと安全靴ですね。

だから、柔軟性という観点からは厳しい評価を受けます。

安全靴だから、ある程度の固さが必要であり、全体的に重厚な作りになるのは仕方が無いことです。

でも、エンジニアブーツを身近に、街で履く物として利用したときに、その心地よい履き心地とのバランスをどうするかが問題ですね。

エンジニアブーツといえども、基本的には革靴ですから、履くうちに、ある程度は足になじんできます。でも普通の靴のようにはなじみません。

エンジニアブーツが足に合わないときは、インナーパットを使うことをオススメします。
エンジニアブーツのインナーパッドは、足のつま先に詰めるのは避けて、踵、くるぶし、甲で使うと良いでしょう。